快適な労働環境は個人情報保護法のお陰|Pマークコンサル会社に注目

女の人

情報セキュリティの管理

IT

内在する情報漏洩リスク

ISO27001はISMS、情報セキュリティマネジメントシステム規格とも称され、情報セキュリティ管理の国際規格です。組織内の重要な情報資産を適切に認識し、リスク対応策を効果的に運営管理することが要求される規格が、ISO27001となります。そもそも、組織の重要情報に関する漏洩リスクを完全に排除することは、極めて困難なことです。しかし、重要情報にリスクが生じた場合、効果的な対応が遅れると、問題は一層深刻さを増してしまいます。情報絡みのリスク発生は、組織への内外からの信頼を根本的に失墜させてしまうこともあり得るので、非常に深刻な問題とあります。このようなリスクは、業態、組織文化、組織規模などに関係なく、外部との接点が存在する限り内在するものであることに留意する必要があります。

社内外へのメリット

このISO27001の認証取得が注目される理由は、組織にとり大きなメリットがあるためです。対外的メリットと、対内的メリットに分けて理解しましょう。まず、ISO27001認証取得の対外的なメリットですが、情報セキュリティに関する運用が可視化されるので、説明責任を果たすことが可能になります。そして、取引先の要請や、官公庁の入札条件に対応することができるようになります。何より、情報セキュリティ管理の国際基準を達成していることを第三者が証明してくれるため、外から見ての信頼性が向上します。次に、ISO27001認証取得の対内的なメリットとして、事故を起こし難い仕組み作りと、効果的な事故対応の仕組み作りによる、情報セキュリティリスクの低減を図ることが可能です。その上、組織メンバーの意識レベル、モラルの向上が期待できるようになります。