快適な労働環境は個人情報保護法のお陰|Pマークコンサル会社に注目

女の人

顧客の信頼向上のために

ネットワーク

情報セキュリティ対策

不正アクセスによるハッキングやサイバー攻撃などの情報セキュリティを脅かす脅威が日常的に発生しています。不正アクセス等による情報の流出は企業活動に悪影響を及ぼし、経営の存続を脅かすことになることが少なくありません。このような大規模の情報セキュリティインシデントは年々増加しており、その手口もどんどん巧妙化しています。このような情報セキュリティに関するリスクマネージメントを組織において戦略的に実現するために多くの企業で採用されている管理手法がISO27001です。ISO27001は、情報セキュリティを通じて、企業の情報資産や顧客の個人情報などの管理を徹底し、社会や顧客からの信頼向上や社員の意識向上を実現するマネージメントシステムとして注目されています。

リスクを未然に防止する

ISO27001の特徴は、組織の情報資産について、「機密性」、「完全性」、「可用性」をバランス良く維持管理するマネージメントシステムということです。機密性については、認可されていないすべての個人や団体に対し、情報を非公開にすることです。完全性については、各組織で実施している情報セキュリティマネジメントの虚弱性を明らかにし外部からの脅威と合わせてリスク評価して、情報セキュリティ対策のレベルと改善のための対策も明確にすることです。可用性については認可された社員や顧客などアクセスが適正に、スムーズに行なうようにすることです。ISO27001によって、個別の対策と伴に組織的な対策が実施されることにより、企業の情報資産を有効に活用するための効果的な組織のリスク対策が実践され、業務上の情報セキュリティリスクを未然に防止することが可能となります。